山形県で自己破産の手続きで借金をゼロにすることが出来ました

借金返済が難しくなり始めたのは自己破産の手続きを行う半年ほど前からでした。延滞を繰り返すことで取り立てが多くなり、日常の生活もままならない状態になって行ったのです。
インターネット利用して借金問題の解決法について調べている時、自宅が在る山形県内に借金問題を得意としている法律事務所が在る事を見つけたのです。東京などの都心部に行けば、自己破産などの手続きを代理人として行ってくれる法律事務所が多くあるのですが、山形県の中には無いのではないだろうかと思っていたので藁をも掴む思いでした。この法律事務所は東京などにも事務所を構えるところで、山形県エリアなどに住む人も利用する事が出来ると言う事でした。早速、法律事務所に電話を行って現在の収入や借金の件数、借金の額などについて、電話の向こう側にいる人の質問に回答し、詳しい話をしたいので事務所に来て欲しいとの事でした。正直、返済が出来ずにいるほどお金が無かったので、交通費なども節約したかったため、県内に在る法律事務所なら交通費もそれほどかけずに行き来が出来ると感じていました。
状況などからも返済能力がゼロに近いため、自己破産の手続きで借金問題を解決すると言う方向で話がまとまり、着手して貰う事になりました、。
週刊東洋経済 - 東洋経済オンライン
東洋経済オンライン週刊東洋経済東洋経済オンラインこの10年で、働き盛り世代の借金は300万円増加し、13年間減少を続けていた自己破産件数も昨年上昇に転じた。 手軽に借りられる銀行カードローン、今や半数にまで拡大した大学生の奨学金受給、住宅ローン……。日本の家庭を直撃する「借金地獄」の姿を追う。 □気がつい ...(続きを読む)