債務整理を京都の弁護士に依頼した

もともとは東京で一人暮らしをして、働いていました。
そのときに、カードローンなどをして借金が300万ほどありました。仕事をしているときは、まだ返済ができましたが、会社の業績が悪くなり会社が倒産しました。そのために、失業をして毎月の生活費は失業保険で賄えますが借金の返済まではできなくなりました。
失業保険は、働いているときと比べると減収します。それで生活も、苦しくなったので京都の実家に戻ることにしました。知人などに相談をすると、債務整理をすると返済がしやすくなると教えてもらい弁護士のところに相談に行きました。
自分は、返済をする気持ちはあるので任意整理をしたいと希望していましたが失業中ではできないと言われました。現在、無職の場合なら自己破産をすることがいいと話されました。
任意整理は、毎月決まった収入があることが前提になると説明されました。それで、自己破産の申請を依頼しました。
費用は弁護士へは約30万円くらいで、プラス2万円弱の裁判所に支払う費用がかかる聞きました
申請からは、弁護士の指示通り毎月の家計簿をつけました。また、1度だけ裁判所から呼び出しがありましたがこのときも弁護士が同行して自分に代わり説明をしてくれました。約半年後には、解決ができました。